ベンチマーク

ベンチャー・トークン

Benchmarkトークンは、所有者にグローバルプロジェクトに参加する唯一の機会を与えます。
マルタに拠点を置く、ヨーロッパの法律に準拠した会社。 トークン販売はスイスで開催されました。
Telegramで参加 telegram ワンページャーを読む

トークンセールの開始

5月29日、午前10時(CET)
現在のステージ: プレセール
通貨の割引: 25% i 今すぐ参加

私たちの問題解決

私たちの熟練したベンチャーキャピタル、ビジネスおよびファイナンスのエキスパートのチームは、すべてのプロジェクトの実行可能性を評価し、BMKトークンを介して持続可能なプロジェクトへの入り口を提供します。
プロジェクト評価から資金調達までの、完全かつ透明なプロセス。 参加者はウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォームを介してプロジェクトをモニタリングすることができ、また参加者が国内にいる場合は、特定の事業の訪問を要求することできます。

BMKの将来のさらなる使用事例

マーケットプレイス

BMKにはマーケットプレイスの機能やプログラムのアクセスを作成することが必要です (たとえば、マーケットプレイス上での新規ユーザの募集や操作、追加機能など)

通貨

BMKはあらゆる資金プロジェクトの主要な支払い手段になります。たとえば、BMKのマーケットプレイスに掲載される成功を収めた各プロジェクトは、BMKを通じて提供されるサービスから利益を得ます。また、様々な企業において、Benchmark Finance Companyを通じたピア・ツー・ピアのローンを実現する基準通貨としてBMKを使用したり、様々な子会社間の支払いのための為替手段としても使用できます

新規プロダクト開発

将来、BMKの利用を促進するため、私たちは従業員及び顧客の便宜を図って主要なベンチマーク関連設備にベンチマーク・ウォレット及びベンチマークATMを作ろうと考えている。

インテグレーション

オフチェーン・インテグレーションの可能性 (M-Pesaなど)

アクセス

新規プロジェクト発足時の市場へのアクセスと参加料、追加の会員ツールへのアクセスと新規プロジェクトへの早期アクセス

プロジェクト

参加できるプロジェクト
- これ以外にもたくさん

私たちとともに、最先端のフィンテックおよび地球に優しいリサイクル、360度グリーンビルディング、再生可能エネルギーにおける、拡大可能なリングフェンス・プロジェクトに参加しましょう。不動産投資信託を通じて、長期的に関わりましょう。
ベンチマーク・ファナンス・カンパニー
アンバンクド(銀行口座を持たない)多数の人たちに財政リテラシーを教育し、貯蓄者/起業家/洗練された投資家になる方法を教えます。
鍵になる事実
Grameen Bankモデルの実証済みの原理を通じ、市場の下端に位置するビジネスライクながらも手頃な価格の金融オプション。
マテリアルリサイクル施設(廃棄物リサイクル施設)
私たちが最初に提案した原料リサイクル施設は、南アフリカのヨハネスブルグ近郊のアレクサンドラにあります。これは非常に有益なビジネスであり、投入原料の大半にはその原料を提供している当事者からの支払いが伴います。というのも、このビジネスが埋立地に投棄する唯一の実行可能な代替手段であるからです。
鍵になる事実
現場に無料で届けられる、実質上無制限の適切な廃棄物の供給。 隣接する町での優れた労働の供給。 主要な環境問題を解決します。
リート(不動産投資信託)
非常に低コストで有益な最高級の不動産に参加しましょう。 最小限のリスクでの、強力なキャッシュフローの利点。
鍵になる事実
私たちはグリーンビルの素材を作り、不動産物件を開発し、そして、それらをREITを通して共にそれらを所有します。
テンキブ
現在のコストを大幅に削減しながら、太陽のエネルギーだけを利用した再生可能エネルギーを同時に発生させ、水の浄化や淡水化を可能にするすばらしい技術。
鍵になる事実
小規模ユーザーから大規模なコミュニティまで拡張できます。不動産開発を電力網から切り離せるようにする重要な要因です。
ベンチマーク・ヘッジファンド
Benchmarkは、BMKコミュニティの価値の向上活動を実行し、またトークンの需要を確実にする、新しい暗号化ヘッジファンドを開始することを目指しています。
鍵になる事実
昨年、Crypto Hedge Fundsは全資金において、全世界で平均で1,000%の収益を出しました(ソース:Bloomberg)

ロードマップ

Q1 2018

  • マルタのIncorporation Benchmark International
  • 参加のための最初の5つのプロジェクトの選択

Q2 2018

  • プリセールの開始
  • パブリックセールの開始

Q3 2018

  • プラットフォームのローンチとプロジェクトへのアクセス

Q4 2018

  • モニタリング機能の強化を含むプラットフォームのアップグレード
  • プラットフォームが追加プロジェクトを追加

2019/2020

  • BMKのさらなる使用事例の継続的な実装。

リソース

トークンセール

トークンの名前とティッカー
Benchmark, BMK
総供給
300,000,000 BMK
ハードキャップ
US$ 30,000,000
ソフトキャップ
US$ 100,000
販売中
50,000,000 BMK
– 先行予約販売
20,000,000 BMK
– パブリックセール
30,000,000 BMK
交換レート
$ 1.00 = 1 BMK
分の購入
50 BMK
制限
プリセールトークンで120日
販売されていないトークン
燃やした

アーリーコントリビューター割引

75% 2018年4月28日まで
50% 2018年5月12日まで
25% 2018年5月26日まで
ボリューム(USD)
ボーナス
分 $1,000
5%
分 $5,000
10%
分 $10,000
20%
分 $20,000
30%
分 $50,000
40%
分 $100,000
50%
今すぐ参加

例:

ファーストシリーズに1BMKにつき0.25ドルで5,000ドル分購入すると、20,000BMKになり、さらに2,000BMKのボーナスが追加され、合計で22,000BMKとなります。この数字は、ITOの間では22,000ドルに相当します。
ファーストシリーズで1BMKにつき0.25ドルで10万ドル分購入すれば、40万BMKに50% ボーナスとして20万BMKが加わり、合計で60万BMKが与えられます。これは、ITO期間中の60万ドルの価値に相当します。

トークン分配

Token distribution

7% 先行予約販売

10% ITO(イニシャル・トークン・オファリング)

13% ITO(イニシャル・トークン・オファリング)#2

17% ベンチマーク・ヘッジ

10% 買収

10% バンコール(流動性)

33% 創業者&スタートアップ費用

資金運用

Use of Funds

27% 不動産投資信託

23% フィンテック・プロジェクト

20% ポルトガルのR&D(研究開発)ファシリティ

20% 将来の運転資本、経費、マーケティング

10% マテリアルリサイクル施設(廃棄物リサイクル施設)

戦略パートナー

私たちのチーム

ピーター・コーチェル

コーポレートファイナンスと事業開発

デニス・クエイル

コーポレートファイナンスと事業開発

Zulekha Cara Flag of South Africa

Zulekha Cara

仮想通貨の起業家兼トレーダー

Dr. Douglas Lund

不動産開発と建設

Muzi Kubeka Flag of South Africa

Muzi Kubeka

営業および財務管理

Ian Sibusiso Gwebu Flag of South Africa

イアン・シブシソ・グウェブ

化学エンジニア

Johan Gouws

電気技師

Carsten Weinreich医師

内分泌系専門医兼内科医

Rick Williams

弁護士、公開企業の資本形成、事業開発

Jasper Cloete

世代的富/協同銀行/起業家開発

Michael Hibbard

事業開発専門家/鉱業担当役員

クリストファー・スミス

起業家/投資銀行家

マイク・スペンサー

Master Practitioner in Real Estate/不動産開発コンサルタント

Pieter Coetzer Jr.

プロジェクト計画と管理

Chris Mutale Flag of Zambia

クリス・ムタル

起業家

Christian Ellul Flag of Malta

クリスチャン・エルル博士

戦略的パートナー/法務・税務アドバイザー

Dr Frederick Hölscher Flag of South Africa

フレデリック・フルシャー博士

出資者との関係と社会的企業の発展

Luke Szkudlarek Flag of Switzerland

ルーク・スズクドラレク

CMO

Mario Colombo Flag of Switzerland

マリオ・コロンボ

CTO

Alexei Strasser Flag of Switzerland

アレクセイ・ストラッサー

ブロックチェーンストラテジーとトークノミクス

よくある御質問

次を確認ください 情報セクション 及び私たちのソーシャル・メディア・チャンネル。もしさらにご質問がございましたら、こちらでご連絡いただけます 電報.
はい。

私たちのコミュニティーに参加